東野圭吾『殺人現場は雲の上』

~『殺人現場は雲の上』7つのポイント~

 

『殺人現場は雲の上』は、東野圭吾12作目の作品。

新日本航空のスチュワーデス、通称エー子とビー子の凸凹コンビが遭遇する7つの事件簿。

テンポもよく気軽にサクサク読める楽しい作品です。

 

登場人物

早瀬英子(通称エー子)

東大中退。容姿端麗で頭脳明晰。入社試験と訓練学校の成績は首席。

藤真美子(通称ビー子)

三流短大卒。肥満体質で失敗が多い。入社試験と訓練学校の成績はギリギリ通過。

 

新日本航空の花のスチュワーデス、通称エー子とビー子。

同期入社でルームメイトという誰もが知る仲良しコンビ。

容姿と性格にはかなり差がある凸凹コンビではあるけれど・・・。

この二人が奇妙な事件に遭遇する。

昼間、乗務中にお世話した男の妻が、自動ロックのホテルの室内で殺害されたのだ!

雲をつかむような難事件の謎に挑む二人の推理はいかに?

 

さあ、『殺人現場は雲の上』について語りましょう。

 

 

1 ステイの夜は殺人の夜

エー子とビー子が鹿児島へのフライトの際の行きつけのスナック『ワイキキ』でパイロットたちと飲んでいたときに現れた1人の男性。

彼は、機内で腹痛を訴えエー子とビー子が世話をした大学の助教授・本間だった。

エー子たちと同じホテルに宿泊している本間は、エー子たちと一緒に酒を飲む。

散開し部屋に戻るが、本間の妻の他殺死体を発見する。

本間も容疑者に挙げられたが、殺害時刻には本間はエー子たちと酒を飲んでいた。

 

 

2 忘れ物に御注意ください

某旅行社が考え出した、乳児お持ちの若い夫婦を対象とした旅行パック「ベビー・ツアー」。

エー子とビー子もその飛行機に乗務する。

25組の夫婦が参加したこのツアーだが、乗客全員が降りた後の機内に、とんでもない忘れ物があった。

赤ん坊である。

しかしすべてのツアー客がみな赤ん坊を抱いていた。

いったい誰が赤ん坊を忘れたのか。

事態を整理し真相を探るエー子と、赤ん坊に懐かれるビー子。

 

 

3 お見合いシートのシンデレラ

スチュワーデスが離着陸時に座るアテンダントシートは、お客様と向かい合って座ることになるので、お見合いシートとも呼ばれている。

あるとき、お見合いシートに座っていたビー子がとある男性に見初められる。

その男性はビー子の好みのタイプ。

彼からデートに誘われたビー子は、その男性が資産20億を持つ資産家であることを知り、初めてのデートでいきなりプロポーズされる。

そして、ビー子はエー子とともに彼の親戚へのお披露目会に参加する。

 

 

4 旅は道連れミステリアス

福岡にある和菓子屋の店主が、エー子とビー子が乗務する東京行の便に搭乗していた。

エー子もビー子もこの店主とは顔見知り。

しかし何だか様子がおかしい。

その店主が、東京のホテルで死体となって発見される。

そしてその横には女性の死体も。

その女性にこのホテルを紹介したのはビー子だった。

 

 

5 とても大事な落とし物

エー子は乗務する機内の化粧室でとんでもない落とし物を発見する。

それは、署名のない遺書だった。

その落とし主は間違いなく乗客27人の中にいる。

化粧室を使ったのは、OL風の女性、サラリーマンぽい人、中学生くらいの女の子、禿げ頭のおじさん、中年のおばさん、白髪のおばあさん。

何とか落とし主を6人に絞ったエー子とビー子は、何とか自殺を思いとどめさせようと奔走する。

 

 

6 マボロシの乗客

羽田空港内の客室乗務員室に脅迫電話が入った。

脅迫者は、「昨日人を殺した。金を出さなければ新日本航空の乗客を次々と殺す」と言う。

そして空港の駐車場で血の付いた女性用バッグが見つかった。

そのバッグの中には新日本航空の搭乗券も入っていたが、その搭乗券の飛行機に乗っていた乗客の中には、このバッグの持ち主はいない。

しばらくして、その飛行機の乗客で、このバッグの持ち主の女性を見たという男が現れる。

 

 

7 狙われたエー子

盛岡のホテルで起きた殺人事件の容疑者として、エー子の元恋人が挙げられる。

そしてエー子は何者かに車ではねられそうになる。

エー子には襲われる心当たりはないが、ひょっとしたら元恋人がアリバイを守るためにエー子を襲ったのではないかという疑惑が出てくる。

元恋人から会いたいといわれたエー子は、単身彼に会いに行くが・・・。

 

 

まとめ

『殺人現場は雲の上』7つのポイント

1 成績優秀、才色兼備のエー子

2 落ちこぼれで問題児のビー子

3 エー子とビー子の凸凹コンビの活躍

4 登場人物たちの軽快なやり取り

5 気軽にサクサク読めるテンポ

6 1つ1つのエピソードの面白さ

7 リラックスして読むのにぴったりの楽しい作品

コメントを残す