モテる女性になるために大切な7つのこと ~中級編~

モテる女性になりたい!
彼氏が欲しい!
素敵な恋愛をして充実した毎日を過ごしたい!
そんな生活、憧れますよね。
モテる女性、素敵な恋愛をしている女性には、きちんと理由があるんです。
彼女たちが意識して実践している大切な7つのことを検証してみましょう。
モテる女性になるために大切な7つのこと、中級編です。

 

1 スリーセット理論

人の印象は3回会っただけでほぼ決まってしまうと言われています。
つまり3回目までにどれだけ相手に好印象を与えることができるかどうかが大事です。
その中でも特に大切なのは第一印象、初めて会った時の印象です。
着目するのは「言葉遣いや話題」「服装や仕草などの見た目」「声の大きさや話すスピード」。
砕けすぎだ言葉遣いになっていないか、話題は下品でないか、服装やメイクは清楚か、仕草がガサツではないか、声が大きすぎたり小さすぎたりしないか、早口になっていないか、などを意識しましょう。
そして1回目に会ったときの話題を覚えていることもポイント。
相手の好みや趣味嗜好に合わせた会話を広げることで、1回目の好印象が再評価され、さらに意外な一面を見せることができればギャップを感じさせ、評価はさらに上がることになります。
3回目に会うときは既に印象は固まっています。
大切なのは調子に乗りすぎないこと。
1回目2回目で作り上げた好印象をひっくり返すことの無いように、1回目2回目よりもむしろ慎重に注意しましょう。

 

2 デキる女ぶらない

デキる女に対して男性は壁を感じてしまいます。
男性は女性に対し「役に立ちたい」「頼られたい」と思うもの。
何事もすべて自分1人の力でできてしまうような印象を与えてしまうと、男性は近寄りづらくなります。
ブランド物や高級品で身を包んだファッションは、男性に対し劣等感を与えてしまうことも。
専門用語やカタカナ言葉の多い会話、バリバリ仕事をこなしているキャリアウーマンを感じさせるような言動に対し、線を引いてしまう男性も少なくありません。
男性に頼りすぎ、甘えすぎも考え物ですが、瓶のふたが開けられない、お化けや虫が怖いなど、ほんの些細なことでよいので自分の弱点を見せることもモテる女性になるためのテクニックの1つです。

 

3 自虐しない

男性は、自分よりできる女性に対しては自分の出る幕が無いとしり込みをしてしまいますが、逆にあまりに下に見てしまっている女性に対しても恋愛感情を抱きません。
会話の内容に品や知性が無かったり、発想や思考があまりにネガティブだったりすると、男性は一気に興醒めします。
ちょっとした失敗やドジエピソードを笑いを交えて話すくらいは親近感を増すのに有効です。
しかし、いかに自分は何もできないか、どれだけ落ちこぼれでダメ人間なのか、などを延々と話されてしまったら、男性はリアクションにも困り、話を聞くのも疲れてしまいます。
自分の話を聞いてもらうよりも、相手の話を聞くくらいの姿勢で会話には臨み、極端な自己アピールや自虐は避けた方が良いでしょう。</strong

 

4 傾聴

話を上手に聞くために必要不可欠なテクニックです。
ポイントは次の通り。
① 頷きながら相づちを打つ
  「うん」「はい」「ええ」
② 相手の言うことを繰り返す
  「昨日〇〇に行ったんですね」
③ 相手の言うことに共感する
  「あ、それ分かります!」
④ 相手を褒める
  「さすが〇〇さん、おしゃれですね」
⑤ 相手の言うことに興味を持つ
  「えー、何ですかそれ?」
⑥ 相手の話の続きを促す
  「それでそれで?」「その後どうなったんですか?」

相手の話を聞いているとついやってしまいがちなことも、傾聴する際にはやらないように注意しましょう。
具体的には、相手の話を先読みして先走らない、相手の言うことを否定しない、相手の話を方向転換させない、相手に説教したり自分の考えを押し付けたりしない、などがあたります。

 

5 さしすせそ

相手を褒めるときに有効な「さしすせそ」。
モテる女性は会話の中で巧みに散りばめています。
 さ さすがですね!
 し 知らなかった!
 す すごい!
 せ センスいい!
 そ そうなんですね!

傾聴と「さしすせそ」を上手に使いこなすことができると、相手も気持ちよく話をすることができます。
話し上手は聞き上手。
つい自分の話をしたくなってしまうかもしれませんが、相手を立てる、相手に気持ちよく話してもらう、ということを意識してみましょう。
家族やお友達との会話の中で練習できるので、普段の会話の中でも実践してみてください。

 

6 見つめる

傾聴するときも「さしすせそ」のときも、相手の目を見つめることはとても大切です。
好意を伝えるときに相手を見つめることは不可欠です。
まずは3秒男性を見つめてみましょう。
3秒相手を見つめたらちょっと首をかしげて、ふっと目を逸らしてみてください。
ここで相手の心に印象を残すことができます。
次はもう1度3秒見つめて首をかしげて微笑んでみましょう。
「自分に好意を持っているんじゃないか」男性はそう感じ始めます。
飲み会の席などで離れた席に座っている意中の男性に向けてやってみると効果的ですよ。
だんだんと距離が近づいてきたら、見つめ方にも一工夫を。
オーソドックスなのは上目遣い。
ぶりっ子がやりそうでイメージは良くないかもしれませんが、男性にとっては意外と効果的です。
さらに軽いボディタッチを交えて見つめられると、男性の心は鷲摑み。
ただし、ある程度親密になってからでないと軽いオンナと思われて逆効果。
タイミングとお互いの距離感をしっかりと計ることが大切です。
7~8秒見つめられると、一目惚れと同じような効果が現れると言われています。
好意を伝えるために、まずは少しずつ、そして徐々に見つめる秒数を増やしていきましょう。

 

7 がっつかない

「恋愛に、男性にがっつかない」、モテる女性が心掛けていることです。
相手に自分の行為をアピールして、相手も少なからず自分のことを悪く思ってはいない、そう感じるとつい次の一歩を踏み出したくなってしまいがちです。
しかしそこで女性からもうプッシュをかけると必死感だけが伝わってしまいます。
男性は大きく2つに分かれます。
自分に自信を持っているタイプと自分に自信が持てないタイプ。
前者に対してガツガツ行くと、「いつでもイケる」と思われ、あなたに対する興味を失い、他の女性に目を向けるようになってしまいます。
後者に対してガツガツ行くと、男性は気持ちが引いてしまいあなたを避けるようになってしまいます。
男性は元来狩猟本能を持っている生き物。
恋愛においては、女性は男性を追うのではなく、男性に追われるものなのです。
前者に対しては、お誘いを受けてもあえて一回断るなどの余裕を見せて。
後者に対しては、とにかく相手を褒め、相手を認め、自信を持たせてあげてください。

 

まとめ

モテる女性になるために大切な7つのこと~中級編~

1 出会って3回目までが勝負

2 デキる女ぶらない

3 自虐しすぎない

4 傾聴テクニックを身につける

5 相手を褒める「さしすせそ」

6 見つめる

7 ガツガツしない